CTPシステム

四六半裁サーマルプレートセッター

MADIATH(マディアス)

ファイバーレーザーダイオード露光ヘッド搭載により、露光品質・安定性が大きく向上した事で高品質な印刷が可能となります。

Gigabit Ethernet搭載による製版画像データの高速通信に対応いたしました。

菊半裁判以下の小ロット印刷に対応するため、TypeRでは64チャンネル光源の露光ヘッドを搭載し、33版/時の高生産性を実現しています。

MADIATHの仕様

種類 typeS/Standard typeM/Middle typeR/Rapid
刷版サイズ 830x660mm(max)~324x330mm(min) ※ OP_A:270mm×278mm, OP_B324mm×278mm
版の厚み 0.15mm(mim)~0.3mm(max)
最大記録サイズ 830x636mm 先後端ともクワエ 各12mm OP:8mmクランプ
露光ヘッド(波長) 830nm (ファイバーレーザーダイオード露光ヘッド搭載)
光源 16ch 32ch 64ch
対応感材 TGP-ε(完全無処理ネガタイプ)、TGP-S(ポジタイプ)等のサーマルアルミプレート
インターフェース Gigabit Ehernet
解像度 1,200dpi(Wdot) / 2,400dpi / 2,438dpi / 2,540dpi
生産性(菊半寸延び/2.400dpi出力時) 11版/時 21版/時 33版/時
パンチシステム(オプション) ハイデル / ハイデル・バッファ / コモリ / 大日本スクリーン / プロトコル
外形寸法(WxDxH) 1,985×1,315×1,300mm(フィードトレイ含む)
質量 830kg(ブロア内臓)
電源電圧 単相 200-240V 15A 3.6kW(ブロア、フィードトレイ含む)
設置 D種接地、要ブレーカー
設置環境 21-25℃(推奨環境) 18-26℃(動作環境) 40-70%(結露なきこと)
その他 オートローダー(シングル、3カセットマルチ)、ビルトインブリッジ及びセンサーキット(自動現像機接続時必要)、シグナルタワー

寸法図

仕事の効率化をアップする「オートローダー」

プレートの供給を自動化する「オートーローダー」を用意しています。長時間の連続運転を可能にし、生産効率のアップが図れます。

SAL(シングル・オート・ローダー)

同一サイズのプレートを最大100版セットできます。

MAL(マルチ・オート・ローダー)

3つのカセットに100枚ずつ、最大300版のプレートがセットできます。

オートローダーの仕様

形式 SAL(シングル) MAL(3カセットマルチ)
搬送 全自動搬送(合紙自動除去)
プレート 最大100枚(100枚x1カセット) 最大300枚(100枚x3カセット)
外形寸法(WxDxH) 1,395×1,735×1,027mm 2,590×1,735×1,027mm
質量 約340kg 約770kg
電源 MADIATH接続による供給
接地 D 種接地
接地環境 21-25℃(推奨環境) 18-26℃(動作環境) 40-70%(結露なきこと)
オプション 予備プレートカセット(キャリア付き)