ダイヤミック株式会社 オフィシャルウェブサイト

VDP-μ システム

title

アルミベースのCTPシステム VDP-µ(ミュー)システムは、ご好評頂いておりますSDP-αシステムを更に進化させた環境負荷の低減、コストの軽減、メンテナンス負担の軽減を実現した新しいCTPシステムです。

環境負荷の低減

製版コストの低減

自動現像機メンテナスの負担軽減

現像処理が従来の3液処理から1液処理に減少し、処理液の交換サイクルも従来の2倍に伸びました。
従来システムの5分の1の廃液量となり環境負荷の低減を実現しました。
1液処理への変更と処理液運用方法の変更により処理液コストおよび廃液処理コストの軽減を実現しました。 1液処理のため自動現像機の液槽も従来の3槽から1槽に減り、従来必要とされた補充液についても不要となりました。液交換時の自動現像機の汚れも軽減していますのでメンテナンス作業が軽減されました。

 

システム概要

  • 適合プレートセッター

    三菱製紙VIPLAS ハイデルベルグProsetter
    ※ 機械によっては適合出来ない場合がありますので弊社代理店までご確認ください。

  • 自動現像機

    三菱製紙P-µ LC850
    ※ SDP-αシステムの自動現像機ではVDP-μプレートは処理出来ません

  • プレート

    三菱製紙VDP-µ 150/200/240

  • 処理液

    三菱製紙VDP-µ WL

 

プレート VDP-μ WL

画像形成方式 重合型フォトポリマー(ネガ)
露光光源 Violetレーザー(405nm)
処理工程 露光 → プレヒート → ケミカル処理 → 乾燥
プレートの厚み 0.15mm  0.20mm  0.24mm
セーフライト イエロー 500nmカットオフ
耐刷枚数 20万枚 (印刷条件に依存)
解像度 2〜98%(200LPI)(プレートセッターに依存)
インキ適合性 市販の一般インキ  減感インキ  UVインキ
修 正 一般PS版用の修正ペン

処理液 VDP-μ WL

形 態 ポリタンク 20リットル入り
使用方法 原液使用
処理能力 20m2/リットル
交換サイクル 800m2 処理もしくは2ヶ月使用で交換

自動現像機 P-μ LC850

処理工程 プレヒート → ケミカル処理 → 乾燥
通紙幅 200〜850mm
通紙長さ 290〜1180mm
タンク容量 処理槽:23リットル  サブタンク:17リットル
蒸発補充 処理液の蒸発分を水補充
機械サイズ W:130cm 長さ:129cm 高さ:114cm(フィードテーブル除く)
重量 255kg(処理液を除く)
消費電力(供給電源) 2700W(単相200V 20A)

※ 仕様については、変更されることがあります。

 

pdf_catalogue_b2

 

PAGETOP
Copyright © DIAMIC Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.