ダイヤミック株式会社 オフィシャルウェブサイト

FACILIS Manager

FACILIS Manager の概要

FACILIS Managerは、FACILIS Supremoから書き出された面付け指示ファイル(IMJファイル)をもとに、面付けジョブ管理/面付け自動処理を行うソフトウエアです。

FACILIS Managerには、次の3つのアプリケーションがあります。

 

FACILIS Manager Server(ファシリスマネージャーサーバー)
面付けジョブを監視し、ページデータが揃った版から出力します。また、ジョブの進行を管理しログ情報として提供します。

 

FACILIS Manager Client(ファシリスマネージャークライアント)
ホットフォルダの作成やジョブの停止、削除、再実行、ジョブのコピーやリンクファイルの変更など、面付けジョブの操作を行います。また、面付けジョブのリスト、進捗状況を表示します。

 

FACILIS Manager Watcher(ファシリスマネージャーウォッチャー)
ドングルプロテクトの無いアプリケーションで、面付けジョブのリスト、進行状況を表示します。面付けジョブの操作は行えませんが、ジョブに関連づいているホットフォルダ、出力フォルダを開くことができますので、DTP部門、出力部門で利用できます。

 

FACILIS Managerを用いた運用例

1. RIPの面付けオプションとして

2. 複数のオペレータのジョブを一元管理するために

 

3. 面付け処理を分散するための面付けエンジンとして

 

動作環境

●OS
Windows Server 2003 SP2以降
Windows XP Professional/HomeEdition SP2以降
Windows Vista Ultimate/Home Premium/Business SP1以降
Windows 7Ultimate/Professional/Home Premium (32ビット/64ビット版)

●CPU
FACILIS Manager Server Pentium 4 2.6GHZ(最小)
FACILIS Manager Client OSが動作するCPU
FACILIS Manager Watcher OSが動作するCPU

●メモリ
FACILIS Manager Server  1GB(最小)
FACILIS Manager Client OSが動作するメモリ
FACILIS Manager Watcher OSが動作するメモリ

●必要なハードディスク空き容量
50MB

●必要なソフトウエア
Adobe Acrobat7/ 8 Professional あるいは
Acrobat 9 Pro/Pro Extended あるいは Acrobat X Pro
(PDFネイティブ面付け時に必要)
※PDF面付けを行う場合FACILIS Manager Server搭載のPCに必要です。

FACILIS Supremo
※面付け指示ファイルの作成のために必要です。

●その他
ネットワーク環境に接続されていること
※共有フォルダの監視/参照を行うため、各アプリケーションからアクセスできる
共有フォルダを設定するネットワーク環境が必要です。
USBポート(FACILIS Manager Server/Client毎に各1ポート)

PAGETOP
Copyright © DIAMIC Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.